m

LORD Corporation

With more than 3,100 employees in 26 countries, 19 manufacturing facilities and 10 R&D centers worldwide, we're there for our customers.

Our Company

難燃塗料のご紹介

( 08/22/2021 )

難燃塗料のご紹介

EV Battery Pack向けSipiol® Flame-Retardant Coating

Sipiol® Flame-Retardant Coating (以下、Sipiol® FR Coating)は、電動車両のバッテリーボックスに使用され、基材を熱や炎から守る難燃塗料です。Sipiol® FR Coatingは高熱にさらされると、塗膜形成成分が膨張し、基材を熱や炎から守る断熱層を形成します。 薄い塗膜(約100μm)で1,100℃までの耐熱/難燃性を有します。Sipiol® FR Coatingは、バッテリーパックのデザインに自由度を付与し、かつバッテリーパックを炎から守る最適なソリューションです。

【プロパントーチ試験 (動画) 】

水系難燃塗料 Sipiol® FR 220

Sipiol® FR 220は、過酷な環境下に耐えられるように設計された水系塗料です。低融点の素材に対して、高い耐熱性を付与します。電着塗装鋼板、鉄、SMC等によく密着します。熱により、塗膜が膨張して断熱層を形成し、基材を熱や炎から守ります。 100μmの膜厚で効果を発揮するので、膜厚を気にする低融点の素材に対しても理想的な難燃塗料です。水系塗料ですが50~80℃で乾燥します。耐熱温度は約1,100℃です。

【ウェット塗膜(左)と乾燥塗膜(右)】

Sipiol FR 220 / 代表的特性値*

外観

灰色の粘性液体

粘度, cP @ 25

Brookfield LVT

Spindle #4, 30 rpm

1,000 3,000

比重 (g/cm3)

1.35

固形分 (wt%)

60 65

固形分 (vol %)

47 52

推奨乾燥膜厚 (μm)

100 400

 

*記載データは一般的なもので、仕様を定義するものではありません。

製品、サンプルに関する問い合わせ